2015.11.09更新

こんにちは!多摩センターで美容師をしてます菅原 英章です^^

 

人気記事はこちら

妊娠中、産後に楽なヘアスタイル

 

白髪の出始めの方へ

 

ヘアカラーで染みやすい方へ

 

ヘアカラーの色持ちを良くする6つの方法

 

カウンセリングで重視している事

 

最近のニュースでヘアカラーによるかぶれが話題になっていますね。

ヘアカラーによりアレルギー反応がでてしまい体に反応がでてしまう事があります。

今回は白髪染め、ヘアマニキュア、ヘアカラーのそれぞれの特徴について書いていこうと思います。

 

白髪染め

 

アルカリカラーや酸化染毛剤とも呼ばれるカラーです。

白髪もしっかり染まり、明るくもできるカラー剤です。

ただあまりにも明るくしてしまうとあたりまえなのですが白髪への染まりは甘くなってしまいます。

白髪をしっかりと染めるため頭皮付近にカラー剤を多く使用する事が多いので頭皮への負担があります。

色持ちは良く白髪染めでも明るくできる為ほとんどの方がされるカラーです。

入っている染料が多いことから白髪が染まります。

使い方によっては普通のヘアカラーでも使用する事があり色持ちが良いカラーにすることができます。

またカラーの塗り方によっても頭皮への負担を少なくする事ができます。

 

ヘアマニキュア

 

酸性カラーや酸性染毛料とも呼ばれるカラーです。

皮膚に付くと落ちにくいことから頭皮には付けずにカラーをしていくので頭皮への影響は少なく、髪へのダメージもほぼありません。(ダメージしている髪にするとギシギシした感じになる場合がありますが、収斂作用によってギシっとする感じになる場合がありますが、ダメージしているわけではなくキューティクルが閉まる為です) 頭皮から離す為根元の数ミリがそめられないです。(肉眼で見る限りはほとんど白髪はみえませんが伸びがすこし早く感じます。)

汗などで色落ちしたり、地毛の黒い部分は明るくできないのも特徴です。

ただダメージがほとんどない為使い続けていくと髪が良くなっていきます。

白髪もしっかり染まり色も鮮やかで、アルカリカラーでしみてしまう方や肌が弱い方など使用されている方も多くいらっしゃいます。

 

ヘアカラー

 

こちらも白髪染め同様アルカリカラーです。

白髪染めと一緒と考えていただいていいと思います。

明るくカラーができ、頭皮への負担もあります。

白髪染めとの違いは白髪が染まらないということ、かなり明るくカラーができる所です。

 

まとめ

カラーがいつもしみたりかぶれたりされる方はヘアマニキュアタイプのカラーを試してみてはいかがでしょうか?

それでも明るさを楽しみたい方はカラー直後のシャンプーを控えたりカラーの前に頭皮の保護をしてもらったり極力負担がないようにする方法もございますので担当の美容師さんに相談してみてください!

投稿者: 菅原 英章